スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェア(椅子)の座り方

  前回のつづきです・・

  仕事の効率を上げるには
  リラックスするよりも適度な緊張感
  が集中力を高めると言われています。


  そこで大切なのが「座り方」なんですね・・。


  いくら良い椅子を選んで購入しても
  「座り方」が悪いと・・宝の持ち腐れ
  になってしまいます。

  口コミでも満足度や「人気」の高い
  アーロンチェア (ハーマンミラー)でも
  あなたの個性的で癖のある?
  「座り方」にまで付き合ってくれません! (笑)

  癖のない・・^_^;
  正しいといわれる「座り方」には
  3つのポイントがあると言われています。

  下記の3つは是非覚えてくださいね♪

   ↓  ↓  ↓

 (1)ある程度自由に動けるゆとりが
  あることで、「血行」を悪くしない!


  特に臀部(お尻)部分の
  血の巡りが悪いと筋肉に栄養が
  行き渡らない状態(壊死状態)になる
  ので腰痛や坐骨神経痛の原因にもなるよう。

  ※適度なスプリングが効いていて
  時々リクライニングを利用して
  背伸びできる事が大切
  
  
 (2)骨盤がしっかりサポートされ  
  前のめりにならない!

  
  前のめりに座ると内蔵を圧迫
  し背骨や骨盤の歪みを生んで
  しまいます。
  

 ◎(3)浅く腰掛け足を前に投げ出さない!

  仙骨座りと言われる
  最も良くない座り方 
  腰痛の大敵!見た目も(不快ですね)

  背もたれを利用して
  深く腰掛けることが大切。

  
  3つのポイントは以上ですが

  要約すると。。
  
  リラックスしつつも骨盤が
  しっかりサポートされ背筋伸びている
  「座り方」ができれば良いのです!


  
  テクニックとしてデスクと体を
  近づけて座る事もおすすめ!

  
  ※マウスやキーボードが
  椅子の近くにある状態ですね。
  
  以上のポイントをおさえた
  正しい「座り方」が保てたら集中力も
  アップして効率も上がります(実証済み)

  この必要な3つのポイント
  いろんな角度からサポート
  してくれ、いたれりつくせりなのが
  アーロンチェア(ハーマンミラー)
  だったんです。

  もともと高機能チェアと言われて
  いますが広告欄にあるスペック
  情報から抜粋して並べてみると・・
  
    ↓  ↓  ↓
 座面の高さ調整(ガス圧式)
 リクライニングの硬さ調節
 クライニングの範囲設定
 前傾チルト
 ポスチャーフィット調整
 ンバーサポート(背もたれ)の厚み
 ランバーサポート(背もたれ)の位置
 アームの高さ調節
 アームの角度調節
 フィットリングの高さ調節

   
   などなど・・^_^;

  機能が多くてピントこない? 
  かもしれませんね・・(笑
  
  ですが・・・
 
  不特定多数の人が座るから
  シンプルな機能の椅子が良いとか

  自分仕様に使いこなして
  いくのが面倒だ”と感じる方は
  アーロンチェア

  でなくてもお手頃で中堅クラスの
  椅子で充分かと思います。
  
  ※各機能の詳しい説明は
  下記画像等から
        
      正規代理店リンク先へどうぞ。
  

  次回は・・もう少しつっこんで
  特徴や気になるところを書いてみますね。


  アーロンチェア
  さらに詳しい情報(機能)などは
  正式代理店サイトのこちらからどうぞ 
      ↓ ↓ ↓
  
     
    
  ▼アーロンチェア即納&送料無料!
   【アーロンチェアの庄文堂ネクスト】


スポンサーサイト
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。